アールブリアン株式会社

TOP>ギャラリー

アールブリアン・ギャラリー 〜 Nissan Engel 〜

愛娘アレキサンドラ画伯とブリヂストン美術館前にて Nissan Engel
silkscreen Collection
2005


天使の吐息
天使の吐息
物心ついた頃から私は「天使」の存在を信じていました。教会では、われわれを守ってくれる優しさに満ちた存在として受け入れています。天使は私たちそれぞれの中に、非常に親密な次元で存在しているのです。天使はたとえ姿を見せなかったとしても、声を聞かなかったとしても、もし、私たちが天使の存在を信じ、彼らのメッセージに心を開くのであれば、彼らはわれわれの良き理解者、守護者、そして案内人となるでしょう。私はその天使の存在を身近に感じており、天使を想って作品を仕上げました。
美しき運河
美しき運河
ヴェニスを訪れたときのことです。街中を流れる運河。美しい街並みは一瞬にして私の心を奪い、運河と接しながら生活を営んでいるヴェニスの人々を見るたびに、深い歴史を感じさせられました。人々と共に歴史を歩んできたこの運河は、現代のわれわれを見て、何かを想い、何を感じているのでしょう。
大聖堂
大聖堂
重く、冷たい扉を開けると、オルガンの音色が高い天井にこだましているのが聞こえてくる。扉を閉め、ゆっくりと祭壇のほうへ向い、その音色に乗せて祈りを捧げるのです。そこにいる信者たちと共に、オルガンの荘厳な音色に耳を傾け、音は、いくつものメロディーがからまりあう合唱となり、天使達の喜びの声を響かせ、私たちの心を浄化してくれるのです。大聖堂は私にとって心の奥底にある家のような存在です。幼い頃より訪れていた大聖堂は、人々の歩と共に歴史を刻み、この街を見守ってきました。多くの人々がここに足を踏み入れ、ろうそくの香りが漂う大聖堂で、パイプオルガンの音色に耳を傾けひと時を過ごす。この作品は、そんな大聖堂に対する神聖なる思いを込めて創作しました。
勇敢な騎士
勇敢な騎士
幼い頃より,「騎士」というものに強い憧れを抱いていました。王を守り、自分の命を投げ出して立ち向かう、そんな強靱な精神、肉体、幾多のドラマを生んだ、その勇敢な騎士たちを想い、作品を作り上げました。

 インゲル画伯が愛する音楽家たち 

「画家になっていなかったら音楽家になりたかった」というインゲル画伯だけに、彼の作品は音楽から多くのインスピレーションを受けており、しばしば本物の楽譜の切れ端が印象的に用いられてます。創作にあたっては、その曲から直接インスピレーションを受けるかどうかとは関係なく、必ず何らかの音楽を聞きながらキャンバスへ向います。
ただしストラヴィンスキーの『火の鳥』からインスピレーションを得て制作した作品『火の鳥』は、まさにこの曲を聴きながら色や構図をつくりあげた作品のひとつです。音楽から啓示を受けて創作するインゲル画伯はクラシック音楽、とりわけオペラを愛し、作曲家ではモーツァルト、ワーグナー、その他バッハ、ベートーベン、マーラー、ブルックナーなどをよく聴きます。「なぜなら彼らの作品にはとても人間性が感じられ、古典でありながら同時にモダンでもあるからです」とインゲル画伯。他にもジャズや各国の古典音楽(それこそイスラエルやアラブ、アメリカなど幅広く)にも親しむ音楽愛好家です。「”音楽”、それは人生。その全てがその国の言語を通して、喜び、悲しみ、そして痛みを表現している。いつも私の人生に寄り添っているものです。」とインゲル画伯は語ります。

Nissan Engel Original Collection

朝のバラ園
朝のバラ園  ROSERAIE MATINALE  (1996年)
モザイク模様
モザイク模様  MOSAIQUE  (1997年)
守護天使
守護天使  DEUX ANGES GARDIENS  (1998年)
金色のポエジー
金色のポエジー  POESIE4/4  (1999年)
情熱の輝き
情熱の輝き  JARDIND'OR  (2000年)
ビックゲーム
ビックゲーム  LE GRAND JEU(2003年)
天使の響き
天使の響き
HOME
 
サイトマップ
Copyright © Art Brillant co.,Ltd. All Rights Reserved
Ads by Sitemix