アールブリアン株式会社

TOP>プロフィール

アールブリアン・ギャラリー 〜 Nissan Engel 〜

ニッサン・インゲル画伯 Nissan Engel
〜 Profile 〜

1931年、イスラエルに生まれたニッサン・インゲルは、エルサレムの名門であるベザレル美術学校を卒業後、フランスのストラスブールにある国立東部演劇センターで舞台装飾、衣装を学ぶ。'50年代前半にパリに移住、絵画創作活動と同時に様々な舞台美術や衣装の制作も手掛けていた。'60年代には数々の個展を成功させ、65年にニューヨークに移住。パリ、ニューヨークで10年間、創作活動に専念。ピカソ、カンディンスキーなどのヨーロッパのアーティストやニューヨークの抽象画家からの影響を受ける。また聖書やユダヤ教のシンボルにも興味を持ちニューヨーク、ニュージャージー州、メリーランド州にあるユダヤ教会のステンドグラス制作の依頼も受けた。 '75年、再びパリに戻り、新たな作品の表現方法を模索する。それはパリのノミの市で見つけた古い楽譜からヒントを得、作品に使われている音楽表記のコラージュ(切り貼り)は、まるで交響曲を奏でるように美しいハーモニーとなって表現される。子供の頃からフルートを習っていたインゲルは、オペラをはじめ色々なジャンルの音楽に精通している。「音楽は私にとって大変都合良く、絵画の伴奏的役割を果たすのです。」と語る。インゲル作品は常に上部と下部に区別される。上部は光に満ち、想像、願望、夢を表現し、下部は暗く、重い雰囲気と物質的、肉体的な世界をを表現し相互関係を生み出している。イメージの上にイメージを重ねるコラージュには、透かし絵、ポストカード、アンティーク絵画、クレヨン、パステル、化学物質、あらゆる物を作品にのせてゆき、その異質な物同志のハーモニーにより作品が完成してゆく。本質的に異なる要素の相互関係から作り上げる。「創作のためには努力を怠らない。それは自分自身への挑戦でもある。そして人生は全てを達成するには余りにも短すぎる」と語る。 日本ではブリジストン美術館に作品が所蔵されている。
幼少時代のインゲル画伯 自らの作品が所蔵されているブリヂストン美術館を表敬訪問しました。
幼少時代のインゲル画伯 自らの作品が所蔵されているブリヂストン美術館を表敬訪問しました。
HOME
 
サイトマップ
Copyright © Art Brillant co.,Ltd. All Rights Reserved
Ads by Sitemix